弁護士と男女
相談しよう
握手する手元

交通事故が発生した時は治療費用のことで意見が対立することがあるでしょう。話し合いが上手く行かずに時間がかかると感じた時は弁護士に相談することが大切です。法律のプロである弁護士に相談するメリットを学びましょう。

Read more

事故の対応
積まれた本

交通事故が発生してしまった時は基本的に相手方の保険会社と対応しなければいけないのですが、保険会社によっては会社都合で動くことがあり、被害者でも損をしてしまう可能性がありますので、専門的な知識を持つ弁護士に相談することが大切です。

Read more

弁護士を探す
開いたノートパソコン

交通事故を円満に解決するために利用することが多い弁護士ですが、弁護士を探す時は全国各地で行われている相談会を利用することが大切です。相談会は予約制なので事前に予約を入れましょう。

Read more

保険でサポート

握手する男女の手

相続税というのは、意外なほど金額が大きい場合があります。相続関係で神戸で法律事務所をお探しの方へ。ここへどうぞ。

誰もが皆大丈夫と思っていますが、それでも可能性はではありません。交通事故の件で弁護士を大阪で探すのならば、ここを。

保険会社が介入できない交通事故

交通事故に遭った際、任意保険に加入しているのならば、保険会社が相手との示談を自分に代わって行ってくれます。ただ、保険会社が示談の代行ができるのは、契約者に過失がある交通事故の場合です。多くの交通事故は、程度の差は当然ありますが、当事者双方に過失があります。ただ、もらい事故のように、片方のみしか過失がない交通事故もあります。自分に過失がないのだから、示談はスムーズに進むと考えるのは間違いです。相手が任意保険に加入していなければ、自腹で賠償しなければなりませんから、最悪の場合、示談に応じないこともあります。また、相手が任意保険に加入していれば、当然、保険会社が示談を代行します。まったく未経験の素人と百戦錬磨のプロとの間での示談となりますから、結果、思ったような賠償を得られない可能性は大いにあります。ですから、示談を自ら行うのは、賢明な判断ではないのです。そんな時、役に立つのが弁護士です。弁護士ならば、過失のない交通事故の場合でも示談を代行することができるのです。

弁護士費用特約を付けておけば安心

ただ、この場合、問題となるのは費用です。保険会社が示談を代行しても、保険会社に示談代行料を支払うことはありませんが、弁護士が示談を代行するとなれば、弁護士に示談代行料を支払う必要があります。弁護士に示談代行を依頼し、満足のいく賠償を得られたとしても、示談代行料を支払ってしまうと、結局は満足のいく賠償にはならないことでしょう。それでは、弁護士に示談代行を依頼する意味は、大きく損なわれてしまいます。そんな事態を見越して存在しているのが、任意保険の特約の1つ、弁護士費用特約です。弁護士費用特約は、弁護士にかかる費用を保険会社が支払ってくれるという特約です。まさかの事態に備えるために任意保険に加入するわけですから、弁護士費用特約は付けておいた方が良いでしょう。

相続税のことなら大阪のこちらに相談しませんか?専門のプロの安心サポートで最適なサービスを提供しますよ。

遺産相続には税金がかかります。相続税の件で京都で相談する場合、専門家に相談して問題を解決しましょう。

書類仕事は慣れない人間がやっても疲れるばかりかミスが多くなります。債務整理を大阪で行う場合、ここへ相談しましょう。